スポーツ

河村勇輝の年俸(年収)は?2023シーズンは10倍の1億円プレイヤーか?!

2023年3月24日

河村勇輝


8月25日から開催されるバスケットボールのワールドカップがありますね!

現在22歳と若い選手ですが、今やBリーグ屈指の人気選手でもあり、日本代表でも活躍される河村勇輝選手。
今回はそんな河村選手の年俸について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

河村勇輝のプロフィール

河村勇輝
名前河村勇輝(かわむらゆうき)
生年月日2001年5月3日
出身山口県柳井市
身長172cm
体重63kg
中学柳井中学校
高校福岡第一高等学校
大学東海大学
経歴三遠ネオフェニックス→横浜ビー・コルセアーズ
ポジションポイントガード

お父様がバスケをされていた影響で河村選手は6歳からバスケを始めたそうです。

河村勇輝の年俸

そもそも、Bリーグに所属する選手たちは年俸を公開してはいけないようなのです。
ですので、おおよその予想になりますが、現在の河村選手の年俸は既に1500万程になると思われます。

河村選手のみならず、プロバスケット選手の収入の柱は全部で4本あります。

4つの収入源

①チームからの給料(年俸)
②出場給
③勝利給
④スポンサー契約

では一つずつ見ていきましょう。

①チームからの年俸

チームからの年俸は最低年俸と初年度の年俸には上限があります。
以下の表の通りです。

 最低年俸新人選手の上限
B1の年俸300万円460万円
B2の年俸240万円460万円
出場給5万円/試合
勝利給8万円/試合

河村選手は2022-23シーズンからプロバスケット選手として活動していますので、今年はこの460万というのが上限になります。
おそらく、上限まで貰えていると考えられますね。

②出場給

年俸とは別に出場給というものがあります。
言葉通り、出場した試合数に応じて上限5万円貰えます。

全60試合あり、50試合に出場されたとして250万になりますね。

③勝利給

こちらも年俸とは別になりますが、試合に勝つと上限8万円までですが手当として貰えます。

3月現在チームは26勝しており、残りの試合数が17ありますので35勝とみると、280万になりますね。

④スポンサー契約


プロのスポーツ選手にはよくあるスポンサー契約料も年収に入りますよね。
現在河村選手は4つの企業と契約を結んでいます。
そのうち、スポンサー契約となるのは2つです。

河村選手との契約企業

・2020/11/27  楽天とマネジメント契約
・2021/4/1    ZAMST(ザムスト)とスポンサー契約
・2021/4/15   明治(プロテインブランド「ザバス」)とサポート契約
・2021/8/19   健康食品会社のサン・クロレラとスポンサー契約

いくらぐらいになるのかは想像でしかありませんが、500万程はあると思われます。

これら全てを合計しても1500万ほどは初年度から貰えていた可能性があります。

スポンサーリンク

河村勇輝の来季(2023-24)の年俸は?

プロ1年目にして年俸が1500万とは、Bリーグでは破格の金額ではないでしょうか?
しかし、2年目以降はチームからの年俸と試合級、勝利給に上限がなくなります

つまり、大幅に年俸が上がることが大いに予想されます!

Bリーグの平均年収はおよそ1300万程度といわれており、人気選手になれば5000万以上という可能性もあります。
日本代表としてプレーする選手達は4000万以上の年俸を貰っているそうです。

これらを踏まえると、来季の河村選手の年俸は5000万は下らないと考えられますね。
ここにスポンサー料が加算される事を考えるとプロ2年目にして一気にBリーグの年俸上位に仲間入りしそうですね!

追記

6月14日に来季以降の3年契約を結びました。
この報道によると、

1年1億円規模ではないか

とみられています。
これが事実ならば、富樫選手に次ぐ、1億円プレイヤーの誕生ですね!

新人として活躍した2022シーズンでは

MVPと新人王

ダブル受賞した河村選手ですので、これぐらいの大型契約は十分考えられますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は河村勇輝選手の年俸についてまとめてみました。

Bリーグは他の競技のプロ選手と比べると年俸が低いと言われてしまいますが、富樫選手のような1億円プレーヤーが誕生する可能性はありそうです。子供たちにとっても夢がありますね!
単純にバスケが好きで大人になってもバスケがしたいからプロになっている方達ばかりなのでしょうが、野球選手のような存在にBリーグの選手たちがなっていくんだと思うとこれからの日本のバスケの発展はまだまだ伸びしろがいっぱいだな~と思いました。
なによりバスケの楽しさをたくさんの子供たちに知ってもらうきっかけになるステキな場だと思います。

Bリーグから世界のNBAへと続いていると思って今後も期待したいと思います!

スポンサーリンク


関連記事はこちら

  • この記事を書いた人

ビビ

年子の男子を子育て中の新米ママです。 只今育休中につき初めてのブログに挑戦中です。 日々の出来事を書いていきたいと思ってます。

-スポーツ